ホーム > Diary > 震災から10年

震災から10年

阪神淡路大震災から今日でちょうど10年目。もうそんなに経ったのかという感じだけど、関西の民放各局では特集番組で当時の映像などなどが放送されている。
10年前は高校生だった。あの時、大阪に居ても感じた恐怖はまったく今までに無い異質なものだったのを覚えている。いつまでも続く余震のたびにビクビクした。徐々に明らかになる被害状況に目を疑った。震源で感じた恐怖はどれほどのものだったのか想像がつかないほどの被害。荒れ果てた神戸市街を見たときのショックは相当なものだった。焼け野原になった地区や、倒壊した家屋。高速道路の橋げたはところどころ落ち、柱の根元ごと倒れている場所もあった。思いもしなかった事態が目の前にあった。生きている限りはこの記憶を心に留めていかなければならないのだと思う。
昨年から今年にかけても、新潟やインド洋沿岸で地震が元で痛ましい被害が出ている。特にインド洋沿岸諸国の犠牲者は20万人を超す模様だ。しかもその半数は子供ではないかと言われている。個人で出来ることはそう多くないけども、出来ることには協力していこうと思う。

Similar Posts: 関連記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.power-st.jp/weblog/diary/2005/01/17/119/trackback
トラックバックの送信元リスト
震災から10年 - PoWer Station より

ホーム > Diary > 震災から10年

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る