ホーム > Diary > えらい目にあった

えらい目にあった

普段利用しているPCのHDDの中身が手狭になってきたので整理することに。
作った当初は120ギガなんて使いきれるだろうかとか思ってたのに、2年程で8割近くデータが書き込まれている。あればあるだけ使っちゃうものなんだね。
日に2時間くらい数日かけてデータの整理。デスクトップもかなりすっきりしたし気分がいい。・・・と、ここまでは良かったんだけど。(’A`)


不幸は突然やってくる
いつものように音楽をかけながらメッセやらサイトのデータ整理などなどに興じてると、いきなりPCがフリーズ。Σ( ̄ロ ̄|||)
フリーズ自体は組み立て当初からたまに起きてた駄作PCなのでいつものように電源を切って起動。すると見慣れないBIOSメッセージが表示されたのでキーボードをポチ。いつも通り起動するのかと思いきや、それ以後システムが起動しなくなってしまった。(゚ ω ゚)・・・。
はっきり血の気が引いていく感覚を覚えつつ、何度か電源入れなおしても駄目。OSのCD入れてみても駄目。どうもHDDを認識してくれていないらしいことが分かった。物理的に逝ってしまったのかと思ったけど、普通に動いている音が聞こえるし、異音がするわけでもなかった。コレはもしや・・・と思いつつ、2年ぶりにBIOS設定画面を覗いてみた。・・・原因はここにあった。
フリーズ直後の再起動時に出たBIOSメッセージをよく見ないでキーボードを押したのが良くなかったらしく、設定が初期状態に戻ってしまっていた。初期状態ではシリアルATAで接続しているHDDが読めない設定になっている。このPCにはこのシリアルATAのHDDしか付いてないからそりゃ動くはずがない。
設定をやり直して再起動したら無事に動いた。(*´Д`) タ、タスカッター
しょうもないことで元に戻ったのはよかったけども、この保存されたデータが全てフイになってたらと思うとマジ勘弁。恐ろしいことこの上ない。容量が大きくなるにつれて、バックアップも億劫になってしまっていたのでトラウマ級の戒めになった。やっぱり日頃のバックアップは大事なんだね。
というか、時々起こるフリーズ問題の解決が先なのかもしれないとか2年目にして思い立った。(←遅杉)悪さをするのは一体なんだろう。HDD自体が老朽化してるのか・・・やっぱり安物メモリーをデュアルモードで動かしてるのがいかんのか。嗚呼、めんどくs(’A`)

Similar Posts: 関連記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.power-st.jp/weblog/diary/2005/11/15/208/trackback
トラックバックの送信元リスト
えらい目にあった - PoWer Station より

ホーム > Diary > えらい目にあった

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る