ホーム > Diary > 沖縄ダイヴ

沖縄ダイヴ

四国遠征の翌週というなんかもう相当いい加減なスケジュール設定ではあるけども、20日から23日まで沖縄へダイビングへ。沖縄行き自体は2、3ヶ月前から計画してたので計画通りなんだけどね。
・・まぁ、その場のノリでどこでも行きますが。(ぁ


いつも通り金曜日を定時上がりでそのまま関西空港へ。もう最近はこのペースが普通になってきた感があるので特に問題も起きず、順調に搭乗・出発。この時間帯の航空便はコードシェアの為かやたらに外国人の比率が高い。ちょいと狭いなと思いながらも一睡してる間に到着。とりあえずそのままホテルに直行して明日に備えた。
翌日ダイヴ初日。天気予報はあまり芳しくない予報であったものの、実際に慶良間近海まで出てみると曇天よりも晴れに近かった。今年は空梅雨なんだそうで。気温も25度を超えている。水温も24度オーバー。やっぱり暖かい時期のダイビングは気持ちええね。(*´д`)
2ダイブしてゆっくり感触を確かめた。写真を撮るのも控えめにフラフラしてみる。この風景の中でボーっとするとものすごく癒される。余計な思考も止まってものすごくリラックスできる感じ。始めた当初よりもずいぶん落ち着いて行動が取れるようになってきたのかなぁ。(まだ20回にも達してないけど)
久しぶりの充実感を得てホテルに戻り、買出しなどをしてスーパーで適当に買った惣菜でメシ。もう変にどこかの店に行って飲み食いするよりこの方が気楽でよくなってきた。(ぁ
ダイブ2日目。今日は人数が少ないのでダイビングやった後で、無人島でお疲れバーベキューでもやりましょうということになり流れに任せることに。出航前はギラギラに照っていた太陽がいざ出航すると曇天に。波が高まってきたので慶良間まで進むのをとりあえず断念。当初予定した上陸ポイントより手前のダイビングポイントで1ダイブ。ラビリンスと呼ばれるポイントで、さんご礁と岩が複雑に入り組んだなかなか面白い地形。横穴から入って縦穴に抜けるとかいった結構ドキドキしながら物陰に隠れる生き物を観察してみる。ウコンハネガイの発光現象がとても魅惑的。
船に戻ってみると波が穏やかになったということで予定してたポイントまで移動。2本目のダイブ開始。ハリセンボンと刺さりながらの記念撮影。(←え?)そうこうしてたら、なんと物陰からアオウミガメ登場!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
なんとか1枚写真に収めることに成功。初海亀遭遇。なんかすごく得した気分。しかし陸上では考えられんほどに動きが早い。飛ぶように泳ぐんですな・・。
ダイブ終了後、バーベキューパーティ。曇天気味であまりいい天気ではなかったけども、ビールと焼肉がものすごくウマい。船長特製のニンニク漬け焼肉攻撃により全員フガフガいいつつマリーナに戻った。毎回このショップには良くしてもらってほんとありがたい。またお世話になりに来ますと挨拶してホテルに戻った。みやげ物を多少購入して自室に戻ったらどうにも眠くてそのままダウン。
最終日は土砂降り。空港に着いてみたら、雨が降りすぎだからか目の前でジャンボジェットがゴーアラウンド(着陸あきらめて再度やりなおすこと)。帰れるのか不安になったけども定刻より30分ほど遅れて出発・・したはずが到着は定刻通り。至って順調に戻ってこれたのでした。
後日談
ゴーアラウンドの件はどうも滑走路上に戦闘機がいたらしい。

gooニュース 滑走路に戦闘機 全日空機が着陸やり直し 那覇空港

えらいときに居合わせてたもんだ・・。(´Д`;)

Similar Posts: 関連記事

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.power-st.jp/weblog/diary/2005/05/25/163/trackback
トラックバックの送信元リスト
沖縄ダイヴ - PoWer Station より

ホーム > Diary > 沖縄ダイヴ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る