ホーム > Diary > 沖縄直行

沖縄直行

沖縄行ってました。(そこ、タイムリー過ぎとか言わない)その一部始終を見てみよう。(←何それ


06/18/2004 –職場から出発の巻–
仕事終了後、そのままの足で関空へ。事前の天気予報やらなんやらで状況はイヤというほど理解しているの。分かってるの。でっかい台風が来てるということは・・・_| ̄|○ でも行かないわけにはいかないの。お金返ってこないものぅ・・・。(個人手配旅行の弱点ですなぁ)
空路は大して揺れることもなく、ものすごく安定してのんびりフライト。海外エアラインとの共同運航の為か、客層がほとんど外国人で占められてた。つーか、囲まれた。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
着陸態勢に入ったころに急に不安定に揺れ始めて、着陸寸前にスリップ?を思わせる横移動なんかをしながら到着。台風はまだ遥かフィリピン沖のはずがもう影響が出始めてます。到着後、モノレールに乗り換えてバスターミナル近辺へ。そこからタクシーを拾って宿舎へ。とても安くて良心的な宿だったんだけど、立地条件が面白すぎ。沖縄唯一の風俗街のど真ん中ストライク。Σ(゚Д゚;フォォォゥッ ←マテ
知らんかったとはいえ男一人旅のシチュエーションにはまり過ぎ。何やらタクの運チャンがニヤついておるっ!ちがう、ちがうんや?。近所のスーパーでバナナとパンのミミを油で揚げて砂糖まぶした奴を買う。350円。(翌日からの朝昼はコレでしのぎました。←貧)
06/19/2004 –あれ?何やら晴天?の巻–
今回の旅の目的はダイビングライセンスの取得。前回のサイパンの旅でやった体験ダイビングがとても面白かったのでこの勢いでチャレンジしてみようと思い立ったのでした。
で、気象条件がこんなだから早朝からはじめる算段になっており、7時に迎えが来た。とにかく海の状況がいつ駄目になるか分からんのでスキルの実地講習を出来るだけ早く済ませたい意向らしい。不安に
思いながらビーチからエントリーできるポイントへ。(確かカリフォルニアと言ってた)重機材の扱い方を一通りレクチャーを受け、装備して海へ。台風の影響で、時折腰ぐらいの高さの波がザバァーっと
やってくる。慣れてないし、足場も珊瑚礁なのでガタガタでマトモに立ってられない。(=_=; なんとかひざを付いたら頭が水に浸かるとこまで進み、基本的な機材の使用方法の確認。一度体験ダイビングを
やったことがよかったのか、特に問題なくサクサク進んだ。ただ、岸へ上がるときにどうやってもうまく立てない。_| ̄|○ 足ひれの取り回しがヘタッピなのにこう波が高くてはどうにもこうにも・・。
15分程度の休憩後、水深4M前後まで潜り、先ほどの限定水域で行ったスキルを一通り行った。これも特に問題なし。周囲をインストラクターに付いて泳いで回った。重機材を装備して泳ぐ感覚は、普通
に泳ぐのと感覚が違う。中性浮力(浮きも沈みもしない状態)を保って泳ぐので、なんだか空に浮かんでいるような感覚になる。息も普通に出来るしなんか変な感覚だ。それがまた楽しい。
30分ほど周囲を泳いで上がり、30分ほど休憩。台風が近づいてきているというのに、太陽サンサンで肌がジリジリ。波が高いことを除けば本当に台風がやってくるなんて信じられない状況。
休憩後は水深7M前後まで潜り、先ほどのスキルの復習とエア切れ時の対応方法を習得。ほとんどひっかかりなくスキルチェックが終了。その後は近辺の魚を眺めながらふらふら遊泳。波が高くなっているので透明度は低い状態ではあったけど、確かに南の島の鮮やかな魚が目の前にたくさん。(*´д`)
楽しい時間もつかの間、30分で終了。ほんとにあっという間に時間が過ぎる。
昼食に、教えてもらった沖縄ソバ屋へ行ってみた。(←初挑戦)ダシは鰹?あっさりしたスープ。麺は平たいシコシコ麺。具は豚のアバラ肉の煮込んだもの。コーレーグースと呼ばれる泡盛に唐辛子を浸した調味料を自分で加えて辛さを足して食う。この調味料が入るとグっと味が締まるね。なかなか。
午後からテキストを読み合わせ、ペーパーテストを受ける。大して難しい問題はなく、あっさり合格。
明日は台風が最接近の日なので何の期待も出来ない・・・はず。
06/20/2004 –やっぱりなーの巻–
波は大荒れ、路線バスも運行休止。見物できそうなところもほとんど閉まってる。_| ̄|○ ほんとにどうしようもないのでホテルの自室でテレビ見て寝て過ごす。・・・家でやってるのと同じやんか。
06/21/2004 –賭けてみたの巻–
朝ダイビングショップから電話があり、昼から船が出せるかもしれないと連絡を受ける。むむむぅ・・と数秒悩んで「待ちます」と返事(ほとんど即答やんか)航空機チケットの心配があったが、気象条件のおかげで無償で出発日変更することができた。宿も延泊可能。手続き完了!!
・・・しかし、現実はそう甘くなく。波が収まらずに船は出ずじまい。(´・ω・`) 仕方がないのでレンタカーをおもむろに借り、沖縄美ら海水族館へ。(前日は台風接近の為臨時閉館してた)那覇からおよそ1時間半。海洋博記念公園内にある。行ってみると人がたくさん。展示はなかなか素晴らしいものでありました。世界一の水槽、スゴイ。2時間くらい水族館付近でプラプラしてたら時間が無くなり寄り道できずにレンタカー返却。ああ、朝からうろついてれば首里城も行けたな・・・。
06/22/2004 –憎いくらい晴天の巻–
天気がめちゃめちゃいい。イライラ。まぁ、一回もダイビングできないとなるよりは良かったと言うべきなのかもしれんが。昼の飛行機で大阪へ。くっそぅ、リベンジすんぞゴルァ!!ヽ(`Д´)ノ

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.power-st.jp/weblog/diary/2004/06/23/7/trackback
トラックバックの送信元リスト
沖縄直行 - PoWer Station より

ホーム > Diary > 沖縄直行

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る