ホーム > Diary > 沖縄ダイブ旅

沖縄ダイブ旅

この3日間、沖縄に行ってきた。目的は、前回6月に本来取得する予定だったダイビングライセンスを取ること(前回は台風の為に限定ライセンスしか取れなかったのでした)と、慶良間諸島近海でファンダイビングをすること。そしてデジカメで水中写真を撮ることでした。


09/10/2004 沖縄に出発
仕事を済ませてタクシーに飛び乗り空港バス乗り場へ。前回も同様のルートだったので特に問題なく出発時刻の1時間前に到着。軽食とってそそくさと搭乗。機内でダイビング写真公開用のコーナーページの雛形をしぽしぽ作成。気がつけば到着。なんか、土砂降りなんですが・・・。(;´Д`)エ?
今日は寝るだけなんだから降っても大丈夫とかなんとか言い聞かせながらゆいレールでおもろまち駅へ向かう。空港からおよそ20分。ここらは新しい商業地になるらしく建設ラッシュっぽい。まだ工事中
だったけど、巨大なDFSが出来るようだった。とにかく荷物を置きたくて、予約したホテルへ。駅から2、3分くらい歩いたら着いた(ていうか、駅から見えてた)。まだ開業して間もないのか全体的に新築の香りが。設備もサービスも料金的にも申し分ないホテルであり安心した。
09/11/2004 曇天海荒れ模様
昨日の土砂降りみたいなことにはなってなかったが、しとしと雨。中止になったりするんじゃなかろうかと不安がよぎったが、無事慶良間近海へ出発。しかし、外海が3M前後の波で荒れており、到着までの1時間ほぼロデオマシーン状態。乗り物酔いには自信があったのに、見事に打ち砕かれグロッキー。
吐くには至らなかったものの、ぐったり。ダイブポイントは比較的波が穏やかだったのでなんとか体調をとりもどして前回取り残していたスキル実習開始。潜ってみると、怖いぐらいに遠くまで見渡せる。見えすぎるものだから距離感がよく分からないほど。スキル実習するには贅沢すぎるような環境だなぁと思いながらも、無事スキル認定を受けることが出来た。その後のメシは喉を通らず。(←船酔)
2本目はポイントを変えてファンダイブ。この日の為に準備してきた水中カメラを使ってみることに。カメラセッティングフルオートで撮ってみたら、被写体すべてが全体的に青いぜ、青すぎるぜ、青くて死ぬぜ(←死なないだろ)といった事態に。これはイカンと思ったものの、船酔いのせいで細かい字を読む気がしないので結局どれもこれも見てた景色とは裏腹な世界になってしまってた。(´・ω・`)
本島に帰る時間帯になっても波もうねりも収まらず、またロデオマシーンのようになりながら那覇の港へ帰る。多少の乗り物酔い耐性では話にならんことを痛切に感じた。酔い止め薬必携か。
ホテルに戻って早速薬局へ。一回飲んだら1日効くというのを買った。しっかしこのおもろまち近辺は買い物、食事の店には困ることがない。大きなショッピングモールが3つくらいあって、そのどれもが深夜12時くらいまで買い物が出来る。飲食店も軒を連ねている。オリオンビールなどを飲みつつ沖縄ソバとかを食った。安くて量が多い。負けそうになった。(ぁ
09/12/2004 やったぜ快晴
昨日の熱帯低気圧はほぼ通り過ぎてくれたらしく、太陽がまぶし?い朝。酔い止めも飲んだし、準備は万端!ボートに乗り込み慶良間へ・・・と思いきや、波の状態があまり芳しくないということで、別のダイブポイントへ向かうことになった。潜れたらどこでもいいんすがね。(*´д`)
昨日よりは波は高くなかったものの、それなりにうねりを食らいながら船は爆走。グロッキーになっている人もちらほら。酔い止め薬の効果は覿面。なんともなかった。到着したのはナガンヌ島という砂浜だけの島の近く。昨日の失敗を生かすべく、ホワイトバランスの調整を何とか水中でやってみた。試した結果、カメラに収めた映像はほぼ見た目と同じ色合いになった!(言い過ぎかも知れん)
エアーの続く限り、必死で撮影。イソギンチャクとクマノミが戯れてる(←多分違)を見つけて激写。名前は知らんけどキレイな魚を見つけては激写。バディダイバーを激写など試せることはイロイロ試してみた。構図うんぬんはまだまだだけども、残すべき色が残せる方法が見えたのは収穫だった。
総勢20人ほどの団体だったので、自分のターンが来るまでの待ち時間はシュノーケリングでプカプカ浮きつつ遊泳。なんも考えずにぼーっとできる贅沢な時間が過ぎていく。海水を含んでしまって渇いた喉にキンキンに冷えたサンピン茶の美味いことといったらもう・・。
当初の予定と若干ズレが出てしまったけども、6月の悪夢を思えば全然大満足の2日間だった。まぁ、今後の楽しみに取っておくっていう前向きな考え方で次回につなげたい。
09/12/2004 帰路
10時前にチェックアウト。みやげ物は前日にスーパーで買い揃えることが出来てしまったので搭乗まで空港内でぼーっと過ごす。チラッと見る限り、みやげ物はなかなか安く買えたかもしれん。昨日同行したダイバーのHさん、アドバイス感謝!とまぁ、29000フィート上空でこの駄文を延々と作っているわけですが。大して揺れることなく実に安定したフライトです。もう次の計画を立てたいぐらいの勢いだけども、スケジュールとにらめっこやね・・こりゃ。(´A`)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.power-st.jp/weblog/diary/2004/09/13/40/trackback
トラックバックの送信元リスト
沖縄ダイブ旅 - PoWer Station より

ホーム > Diary > 沖縄ダイブ旅

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る